『今日も自分らしさを大切に』がモットーのkorimaです^ ^

 

 

最近話題になっているのが、『大人の発達障害』です。

大人の発達障害のチェック項目リストやテストの見極め方を世界一受けたい授業で特集されるんです。

 

 

大人でも発達障害になるの?と疑問視される方も多いと思います。

しかし40代50代になってから発達障害に気がつくケースも増えているそうなんです。

 

 

大人の発達障害の治し方や治療法と、受け入れられない場合の解決策や方法を紹介していきます。

 

 

 

オーガナイザーのkorimaが気になった について、色んな側面から語っていきます^ ^

スポンサードリンク

 

 

◆大人の発達障害のチェックリスト項目一覧を紹介!自宅でできる見極め方やテスト方法!世界一受けたい授業

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

発達障害に気づかない大人たち職場編 (祥伝社新書) [ 星野仁彦 ]
価格:842円(税込、送料無料) (2018/7/25時点)

 

 

最近わたしの周りのアラフォー女子の間で、大人の発達障害について話題になることが多いの!

大人の発達障害とは具体例や自覚症状がわからないと不安になるよね( ´Д`)

 

 

世界一受けたい授業では、岩波明先生が大人の認知症について、チェック項目や方法を紹介します!

岩波先生の著書では、さらに詳しい大人の発達障害について分析しています。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

発達障害 (文春新書) [ 岩波 明 ]
価格:885円(税込、送料無料) (2018/7/25時点)

 

 

 

◆大人の発達障害のチェックリスト!

 

 

大人の発達障害は大きく3つに分けられることが分かっています!

 

 

  1. 注意欠如多動性障害(ADHD)
  2. 自閉症スペクトラム(ASD)
  3. アスペルガー症候群(AS)

 

 

共通して現れる症状としては、同じ作業を繰り返し長時間することができなかったり、注意散漫してしまうという点!

 

 

また2つのことを同時進行したり、同時に考えたりとタスクが複雑化すると混乱して止まってしまうというのも特徴の一つ。

 

 

でもこの症状って忙しい時や、体調がすぐれない時や、時間に追われている時なら誰しもが経験することなの!!

 

これが慢性化しているようであれば、大人の発達障害の可能性が高いというチェック項目一覧の導きが出ているんです。

 

 

◆大人の発達障害のチェック項目

 

子供の頃から集中力がないと言われてきた

長時間同じ作業や仕事に没頭するのが苦手

周りから落ち着きがないと言われる

料理を作る時、2つの作業を同時進行できない

物事を進める時は、1つずつ終わらせたいタイプだ

自分で考えて行動するより、指示を出して貰ったほうがやり易い

 

 

チェック項目に4つ以上当てはまる場合は、大人の発達障害である可能性が考えられます。

しかし人それぞれ個性があるので、当てはまるからといって一概に病気だと決めつけることはできません!!

 

 

私的には、このチェック内容や一覧を参考に普段の自分の行動や考え方を冷静に分析し、自分を把握することに役立ててほしいと思っています!

 

 

 

◆大人の発達障害の治療方法や治し方!受け入れられない方は必見の解決方法

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

最新図解 大人の発達障害サポートブック [ 小野和哉 ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2018/7/25時点)

 

 

大人の発達障害の治療法や、専門の病院についても気になっている私。。

男性と女性でも症状や特徴が違ったり、専門医の病院があるのかも知りたいところですよね!!

 

 

実は、男性は女性の4倍も大人の発達障害になりやすいという統計結果も出ており自覚症状がない軽度の方が多いそうなんです。

 

 

私的には、普段の生活や仕事に支障をきたしていなければ問題ないと思います!

深く考えて自分は病気なのでは?と悩むくらいだったら、自分を好きになる努力をしたほうがいいと思うからです(^ ^)

 

 

発達障害という言葉を聞くと、とっても重たい重篤な病気だと思いがち。

しかし言葉を変えれば『個性が強い』だけであり、他の人とは違う才能を持っているということになります!

 

 

最近では、中高年の男性が定年間近で発達障害に気がつくケースが多いそうなんです。

環境や人間関係の変化で大人の発達障害が明らかになったり、中高年になってから悩むケースも多いそう。。

 

 

 

発達障害の子どもを対象としたプログラムは複数あり、同じ障害を持つ仲間と共に学校生活や社会適応を促す治療がおこなわれており、効果を発揮しています。しかし、成人に対するリハビリテーションは昭和大学烏山病院など全国的にも数か所しかおこなわれておらず、就業されているビジネスパーソンのみを対象としたより高機能の発達障害の方のためのリハビリテーションプログラムは全国的にもほとんどありません。

 

 

大人の発達障害については病院や治療法も決定的な方法はないのが現状です。

 

 

目の前の問題をどう乗り越えていくのかが重要。

 

ひとりで抱えきれない場合は、専門の心理カウンセラーやキャリアカウンセラーと共に自分自身を見つめ理解することが一番の治療法と言われています。

 

一人で悩まずに、専門医のカウンセラーと会話を通じて本当の自分を見つけることで、気がつかなかった一面や長所も見えてくるはず・・・!!

 

 

大人の発達障害は完治するものではありません

どうやって今の自分と付き合っていくのかが重要であり、自分を好きになるために心を見つめ直すことが最大の治療法だと言えますね!